TEXAS HOLD’EM(テキサスホールデム)のルール【対カジノ】

TEXAS HOLD’EM(テキサスホールデム)はプレーヤー同士で行うものをイメージする方も多いと思いますが、ここでは対カジノ用にアレンジしたルールを紹介します。多くのカジノやオンラインカジノで、対カジノ用のTEXAS HOLD’EMが設置されいます。

ポーカールームでプレーヤー同士でやりあうのに気が引ける人にうってつけですし、いつでもポーカーをプレイでき、いつでも席を立てる気軽さも、このポーカーの人気の理由です。

概要

ポーカーの基礎知識

詳細なルールを解説する前に前提として持っておきたい知識を3つ紹介します。

7枚中5枚を選び出して強弱を判定する

テキサスホールデムは7枚のカード(自分に2枚、コミュニティーに5枚)の中から最適な5枚のカードを抜き出してポーカーのハンドを作ります。そこでディーラーとハンド勝負をしますが、ハンド勝負をするとき5枚に選ばれなかったカードは一切考慮しません。

上図を見てください。ディーラーがAのハンド、プレーヤーが2と3のハンドでコミュニティでストレートができています。この時、ディーラーとプレーヤーどちらが勝ちでしょうか?

ここで「7枚中5枚は同じカードのストレートなので、互角。次に使われていない2枚のカードのうちハイカードであるAと3を比べて、Aを持っているディーラーが勝ちだな」と考えてしまうと間違えです。

あくまでハンドを作った5枚でしかハンドの強弱は測れません。この場合は引き分けです。

同役の場合はハイカードを比べる

ディーラーとハンドが同等のハンドであった場合、ハイカードを比べます。その時、まず役で使われているカードの強弱を比べ、それでも同等の場合は他のカードを比べます。

カードの強弱は(強)A・K・Q・J・10・9・8・7・6・5・4・3・2(弱)の順です。

ペア手(ペア・ツーペア・スリーオブアカインド・フォーオブアカインド・フルハウス)の場合、まずペアのカードの強弱を(①複数ある場合は強いペア、同点の場合は②弱いペア)を比べます。それでも決着がつかないときはペアで使われてないカードの③ハイカードを順番に比べます。フルハウスの場合はスリーカードのほうを先に比べて、同点の場合はペアを比べます。

他のハンドの場合は(ストレートフラッシュ・ストレート・フラッシュ・ハイカード)、ハンドの中の一番強いカードを順に(①→②→③→④→⑤)比べていきます。ただしストレートフラッシュとストレートの場合は、A・K・Q・J・10が最強で、A・2・3・4・5が最弱なのは覚えておいてください。

スーツは強さに関係なし

スーツとはハートやスペードといったマークですが、それらは一切ハンドの強さに影響しません。例えばハートのフラッシュがクローバーのフラッシュは常に同等です。

2つのルール

対カジノ用のテキサスホールデムには大きく2種類あり(カジノホールデムのルールはここでは割愛)、一つは多くのカジノで採用されているルールともう一つはオンラインカジノのライブカジノで採用されているルールです。ULTIMATE TEXS HOLD’EMと呼ばれるのが一般的です。

前者をAタイプとし、後者をBタイプとして、それぞれ分けて解説しましょう。

【Aタイプ】多くのカジノで採用されているULTIMATE TEXS HOLD’EM

こちらのタイプは海外のカジノで多く採用されているタイプです。テーブルゲームのエリア(ポーカールームは除く)で「TEXS HOLD’EM」と書かれているテーブルはほぼこのルールです。ルールも通常のテキサスホールデムを知っていればすぐに理解できるでしょう。

全体の流れ

最初にANTEに初期ベットを賭けてゲームがスタートです。2枚のカードが自分に配られたらCALLベットか、FOLD(ゲームを降りる)選択を迫られます。自分のハンドに自信がなければFOLDし、アンティに賭けたベットを破棄して勝負を降ります。

勝負を続けたいときはCALLベットです。CALLベットはアンティの2倍を賭けなければいけません。その後、コミュニティに3枚のカードが配られ、BETかCHECKの選択です。ハンドに自信があればBETをしましょう。アンティと同額を新たに賭けます。

自信がなければCHECKで回しましょう。CHECKは賭け金を増やさないだけで勝負は続行します。そしてコミュニティに4枚目のカードが配られた後、最後の選択(BETかCHECK)があります。その後に5枚目のカードがコミュニティに配られ、ディーラーのハンドがオープンしハンドを比較し勝敗が決します。

配当

すべてのベットに対して1:1の配当。

具体例

アンティに$1ベットしてからゲームがスタートです。プレーヤーとディーラーにそれぞれ2枚のカードが配られます。

(なおディーラーの2枚のカードは最後のハンド比較の時になるまで開かれません)

この2枚のカードを考慮してCALL(勝負)するか、FOLD(降りる)するか決定しましょう。FOLDを選択した場合、アンティに賭けた金額は没収されます。

KがあるのでCALLベットしてみましょう。CALLベットはアンティに賭けた金額の2倍をベットしなければいけません。つまり$2ベットするということです。

CALLベットしたら、コミュニティーに3枚カードが配られます。このカードはディーラーとプレーヤーで共有されます。

ここで再び選択です。BETかCHECKのどちらかを選ばなければいけません。BETはアンティと同額を新たにベットすることです。CHECKは賭け金を増やさないで勝負をつづけることです。どちらにせよ、TURNの段階になるとFOLD(降りる)ことはできません。

ここではBETの選択をすることにします。アンティと同額の$1を新たにベットします。

その後、コミュニティにもう一枚カードが配られます。そこで再度BETとCHECKの選択です。

(もし前回のTURNの場面でCHECKを選んでいたとしても、ここでBETを選択することができます)

その後、コミュニティに最後の1枚が配られてハンド勝負になります。

それぞれ配られた2枚のカードとコミュニティカード5枚の計7枚から、一番ハンドが強くなる5枚を抜き出してハンドを比べます。

ディーラーは6のペア、プレーヤーはKのペアですので、プレーヤーの勝ちです。配当はすべてのベットに対して1:1の配当です。(賭け金合わせて2倍)

ここで注意したいのは、Ultimate Texas Hold ‘emのようにディーラーのノットクオリファイがないということです。また高ハンドによる割増配当もありません。

【Bタイプ】Ultimate Texas Hold ‘em(アルティメットテキサスホールデム)

主にオンラインカジノのライブカジノで採用されているタイプのカジノホールデムです。「Ultimate Texas Hold ‘em」や「Extreme Texas Hold ‘em」と名前がついています。ベット方法が少し特殊で、慣れないうちは少々戸惑うでしょう。どちらかというと対人のテキサスホールデムというより、カジノホールデムに似ています。

カジノホールデムと大きな違いは以下の2点です。

最初にアンティとブラインドに2か所ベットすること。(カジホールデムは後からアンティの2倍ベット)

ディーラー資格なしでもハンド比較を行う

全体の流れ

まずANTEとBLINDに同額ベットします。その後、プレーヤーとディーラーに2枚づつカードが配られます。そこでPLAY(×4と×3)かCHECKの選択をします。ここでのPLAYはCALLと同義です。CHECKは賭けを増やさないでゲームを進めることです。

PLAYベットは最初の段階では×4と×3を選ぶことができます。(アンティに対しての倍率です)ハンドに自信があればPLAYを選択して賭け金を増やしていきましょう。PLAYを選択したら、その時点で勝負が確定します。

その後、コミュニティに3枚カードが配られ、もし先ほどCHECKの選択をしていたら、ここでPLAY(×2)とCHECKの選択をします。この段階ではPLAYはANTEの2倍に増やすことができます。

この選択後、コミュニティに残りの2枚のカードが配られ、いままでCHECKを選択してきたならば、ここで最後の選択をしなければいけません。PLAY(×1)かFOLDです。FOLDを選択するとANTEとBLINDのベットを破棄して勝負を降りることができます。

PLAYを選択した場合、ディーラーのハンドとハンド勝負をします。ただしディーラーがノットクオリファイ(ペア未満)の時は配当が通常時と異なります。

プレーヤー勝利の場合、PLAYとBLINDにのみ配当があります。(ANTEは返却のみ)ディーラー勝利の場合、アンティが返却されるのみ。他は没収。

配当

ANTE:1:1の配当だが、ディーラーペア未満で返却のみ

BLIND:フラッシュ以上で割増配当あり(具体的な配当は下記参照)。ストレート1:1。それ未満は返却のみ。ただしノットクオリファイでも配当あり。

PLAY:ベット額の1:1の配当。ノットクオリファイでも配当あり。

TRIPS:サイドベットなので賭けなくてもいい。最初の5枚でスリーカード以上で配当あり。(具体的な配当は下記参照)

※TRIPSはディーラーのクオリファイに影響されません。

BLIND

ハンド 配当
ロイヤルフラッシュ 500:1
ストレートフラッシュ 50:1
4 of kind 10:1
フルハウス 3:1
フラッシュ 1.5:1
ストレート 1:1
未満 引き分け

TRIPS

ハンド 配当
ロイヤルフラッシュ 50:1
ストレートフラッシュ 40:1
4 of kind 30:1
フルハウス 8:1
フラッシュ 7:1
ストレート 4:1
3 of kind 3:1

具体例1

まずはANTEとBLINDに同額ベットします。ここに賭けることがゲーム参加の条件です。サイドベットであるTRIPSに賭けてもOKですが、ここでは賭けないことにしましょう。

プレーヤーのカード2枚(ポケット)が配られ、この時点でプレイ(×3or×4)かチェックの選択を迫られます。チェックはこの時点ではプレイにベットせずにカードを引くことができます。自分が有利だと感じたら、PLAYにベットしましょう。ポケットの時点ですとアンティの4倍と3倍と高額ベットすることができるので一気に資金を増やすチャンスです。

この後でも同様ですが、一度プレイを選択するとその後チェックやホールド、プレイの選択をすることはありません。現在の賭け金で勝負することが確定します。

ここではスーツは同じですが、カードが弱いのでチャックで様子を見ましょう。

その後、コミュニティに3枚カードが配られ(フロップ)、次の選択を求められます。プレイ×2とチェックです。この時点でプレイに賭けるとアンティの2倍賭けることができます。

チェックをすれば賭け金を増やさずプレイの選択を保留できます。

コミュニティに最後の2枚が配られ、ハンドが確定します。ここで最後の選択です。プレイ×1かホールドです。ホールドは降りることでアンティとブラインドのベットを捨てて勝負を降ります。

プレイを選択する場合、アンティと同額を賭けてハンド勝負します。ここではプレイにベットして勝負します。

最後にディーラーのハンドがオープンされてハンド勝負です。ディーラーがスリーオブアカインド、プレーヤーが2ペアなのでディーラー勝利です。

今まで賭けた金額はすべて没収されます。

具体例2

ポケットがJと9なのでチェックで様子を見ましょう。

フロップの3枚が配られてJのペアができました。ここはプレイ×2で勝負します。アンティに賭けたベット額50ドルの倍の100ドルをプレイにベットします。

この時点で賭け金の総額が確定しましたので、この後にプレイとホールドの選択はありません。

ディーラーは7のペア、プレーヤーはJのペアなのでプレーヤー勝利です。

まずディーラーのハンドがペア以上ので資格ありです。アンティとプレイに1:1の配当があります。ブラインドはストレート未満だと返却されるのみです。

だから

アンティ1(50):1(50) →計100ドル

ブラインド50ドル(返却されるのみ)

プレイ1(100):1(100) →計200ドル

合計350ドルの配当を受け取ることができます。

ディーラーのノットクオリファイ(資格なし)

プレーヤーがプレイしてハンド勝負になった場合で、ディーラーのハンドがペア未満の場合ノットクオリファイになってディーラーは勝負を降りることになります。

ディーラーがノットクオリファイの場合でもディーラーとプレーヤーのハンドを比較します。そのため配当パターンは2つ生じることになります。

ディーラー資格なしで勝利

アンティ→返却のみ

ブラインド→通常通り配当

プレイ→通常通り配当

ディーラー資格なしで敗北

アンティ→返却のみ

ブラインド→没収

プレイ→没収

になります。アンティに配当がなくなって返却されるのみになること通常と異なります。

たとえば上記のハンドでプレイしたとして、

最終ハンドが上記のようになりました。ディーラーはペア以上の役がありません。この場合ディーラーがノットクオリファイです。

さらにディーラーがAのハイカード、プレーヤーがKのペアですので、ディーラークオリファイなし+プレーヤー勝利の場面です。

アンティ25ドル→返却のみ

ブラインド25ドル→通常通り返却のみ(ストレート以上で配当)

プレイ50ドル→通常通り1:1の配当(計100ドル)

合計150ドルの配当になります。

ハンドの強さ

ロイヤルフラッシュ→ストレートフラッシュ→4 of a kind→フルハウス→フラッシュ→ストレート→3 of a kind→ツーペア→ペアの順です。

詳しくはポーカーのハンド解説を確認してください。


管理人が選ぶ一押しカジノはこれだ!

ベラジョンカジノ(スマホ対応・日本語サポート)
4億越えのジャックポットを引き当てたプレーヤーが業界を沸かせました。業界随一の出金スピード、最高500ドルの初回入金ボーナスに加え、ボーナスの出金制限が他のカジノの1/2なので出金しやすくなっています。文句なくナンバーワンのカジノです。今なら登録のみで30ドルプレゼント中

>>ベラジョンカジノ詳細へ<<


カジ旅(スマホ対応・日本語サポート)
スロットが種類・数・充実度では業界ナンバーワン!特にNETENTの人気ゲームはカジ旅独占ブリッツモードでストレスなくプレイ可能。ボーナスも充実で出金制限が19倍と業界一なのに加え、初回入金ボーナスで700回を超えるフリースピン今なら登録のみで入金不要の40ドルボーナスをプレゼント!

>>カジ旅公式サイトへ<<


Queenカジノ(スマホ対応・日本語サポート)
クイーンカジノ 人気AV女優の上原亜衣さんがキャンペーンガールを務めています。銀行振込で入出金ができ、しかも手数料無料のQueenカジノ!入出金に関しては最高のカジノと言っていいでしょう。また初回入金に対して合計1500ドルものボーナスをもらうチャンスがあります。今なら登録のみで30$プレゼント!

>>Queen Casino公式サイトへ<<

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人一押し!カジノ

rank1 ベラジョンカジノ
4億越えの当選者はじめ億越えの賞金が連発!最速の出金スピードに加え、手数料が安い入出金システムを採用。さらに初回、登録ボーナスが充実!非常にバランスのとれたカジノです。(バランス型)

rank2 カジ旅
カジ旅独占のブリッツモードが注目。6倍速のスロットでストレスなし!スロット好きならカジ旅が一押し。出金スピードも速さも魅力。初回入金ボーナスで700回のスピンをくれるのも魅力。(スロットが魅力)

rank3 Queenカジノ
銀行振込ができる初のオンラインカジノ!手数料も無料なので入出金に関する悩みを一気に解決。初回ボーナスをはじめ、不定期に開催される夜カジ昼カジは全カジノと比べてもナンバーワンのボーナス!(ボーナスが魅力)

哲シリーズ

dora麻雀

ページ上部へ戻る