香港国際空港内のフェリー乗り場(スカイピア)からマカオに行く方法

香港経由でマカオに行く場合、フェリーを利用すると思いますが、香港国際空港内にあるフェリー乗り場(スカイピア)から乗るととっても楽です。

そこで今回は香港国際空港のフェリー乗り場からマカオに行く方法を紹介します。これをみれば初めてでも心配なくフェリーに乗ることができること請け合いです。

(香港―マカオ間をフェリーで行く方法をまとめた記事)も参考にしてください。九龍・香港市内からフェリーに乗る方法も記載しています。

基本知識

確実に押えておかなければいけないことが4点あります。これだけは最初に胸に刻んでください。

香港で入国手続きをしてはいけない

香港に到着後、入国手続きをしてはいけません。入国手続きをせずにフェリー乗ります

え?もう入国手続きをしてしまった??

うーん、その時はあきらめて九龍か中環のフェリーターミナルから乗ってください(笑)

荷物を飛行機に預けた場合、チケット購入時にその旨伝えること

飛行機に荷物を預けた場合、自分で荷物をとるのではなく、フェリーのスタッフが荷物を受け取ってフェリーに積み込んでくれます。そもそも荷物の受け取り場所はは入国審査のゲートをくぐった先にありますので、入国手続をしないで受け取るのは不可能です。

おそらく購入時に荷物を預けているのかどうかスタッフが聞いてきますが、こちらからもその旨伝えましょう。

「I leave my baggage with an airplane.」

で通じると思います。同時に飛行機のバゲージタグをスタッフに渡しましょう。その後、フェリーのバゲージタグを受け取ります。

到着フライトと同日中のフェリー便であること

香港に到着したフライトと同日のフェリーに乗らなければいけません。通常、ありえないとおもいますが、フェリーの最終便が出てしまったので、空港で夜を明かして翌朝のフェリーに乗るということはできないというわけです。

スカイピアを使うメリット

とにかく!圧倒的に楽です。また香港で移動にお金を使わなくて済みますので、お金を節約することができます。

スカイピアを使うデメリット

フェリーの便が少ないことが挙げられます。マカオにいくフェリーはターボジェット(マカオ半島行き)とコタイジェット(コタイ行き)の2社ですが、どちらか早く乗れるほうに乗ってしまってください。そうしないと数時間待つことになります。

また最終が夜の22:00ですので、それ以降に到着した方はフェリーに乗ることができません。その場合は香港市内にでて九龍や中環にあるフェリーターミナルに行ってください。

マカオ行のフェリーは2種類

マカオにいくフェリーはターボジェット(マカオ半島行き)とコタイジェット(コタイ行き)の2社です。ターボジェットは赤い窓口、コタイジェットは青い窓口です。目的地に応じて選ぶのが最適ですが、フェリーの便が少ないため、どちらか早い便を使ったほうが賢いといえます。

マカオ半島のアウターハーバーからコタイフェリーターミナルまでタクシーで10~15分程度の距離ですので、マカオについてから移動しても問題ないと思います。

料金

ターボジェットとコタイジェットの料金をまとめました。()内は子ども料金です。料金の時刻表や料金の改定の可能性があるので旅の前には公式サイトを必ずチェックしましょう。

ターボジェットHPへ

コタイジェットHPへ

ターボジェット(噴射飛航)

昼・夜料金同一
エコノミー HK$270(12歳未満HK$205・2歳未満HK$150)
スーパー HK$435(12歳未満HK$205・2歳未満HK$150)

コタイジェット(金光飛航)

エコノミー HK$370($205) HK$300($235)
ファースト HK$408($322) HK$438($352)

時刻表

ターボジェット(噴射飛航)

香港国際空港→マカオ マカオ→香港国際空港
11:00/13:15/17:00/22:00 07:15/09:30/11:30/15:15/19:45

コタイジェット(金光飛航)

香港国際空港→コタイ コタイ→香港国際空港
10:15/12:15/14:15/16:15/19:00/21:00 07:15/08:45/10:15/11:55/13:55/15:55

乗り方を丁寧に解説!

さて基礎知識の確認は済んだところで、いよいよ具体的な乗り方を解説しましょう。

飛行機から降りたら、まずフェリーの標識を探しましょう。

内地/澳門快船(Mainland/Macau Ferries)という案内に沿って進みます。横に青緑色のフェリーのマークがありますので、標識を見るときに目印になります。

途中、飛行機で下りた位置によっては列車に乗る場合があります。内地/澳門快船と書いてあるところで下ります。

列車から降りたところにも標識はありますので、ご心配なく。エスカレーターで上に上がります。

この画面があるところが入口です。チケットを前売りで買っている方はここから入場します。

チケットをお持ちでない方は入口を左に行って、(写真を左)右に曲がったところにあります。

マカオ行きは奥にあります。

マカオへのチケット窓口は2つあります。一つはターボジェット社が運行しているマカオ半島のアウターハーバー行きの便とコタイジェット社が運行しているコタイのコタイフェリーターミナル行きの便です。

(ターボジェットとコタイジェットのチケット窓口は別々ですので注意してください。)

マカオ半島行き→澳門

コタイ行き→氹仔

と表記されていますので、覚えておきましょう。

行き先がマカオ半島ならば、ターボジェット社のフェリー、コタイならばコタイジェット社のフェリーを選ぶのがいいのですが、いかんせんフェリーの便の数が少ない。

選んでいると数時間、空港で待つことになります。だから、どちらか早いほうのフェリーに乗りこんだほうが得策です。あらかじめ調べて行くか、窓口で「what time is next ferry?」と聞いて早いほうに乗り込みましょう。

チケットを購入したら、さきほどの入口に行って入場します。入場口でチケットとパスポートを提示します。

その後は「登船」の案内標識に従って、進みます。

その過程で、上記のような搭乗ゲート番号が書かれた掲示板を見つけて、搭乗するフェリーの出発ゲートの番号を確認しましょう。(上記は他のターミナルのものですが、基本は同じです)

搭乗ゲートに着いたら、時間まで待ちます。

今回はコタイジェットに乗りました。

中はこんな感じです。席は全席指定ですが、空席があればそこに座ってしまって構いません。

着いたら、「入境」の標識に沿って進みましょう。すぐに入国審査の窓口に到着します。

入国審査の窓口では、香港マカオ在住の方が通る窓口と旅行者が通る窓口がありますので、訪港来客・訪澳旅客・visitorなど書かれた窓口に進みましょう。

窓口を出たら、マカオです。あとはご旅行を楽しんでください!


ベラジョンカジノ(スマホ対応・日本語サポート)

日本人プレーヤーによる億越えのジャックポットが連発!4億越えのジャックポットを引き当てたプレーヤーが業界を沸かせました。

業界随一の出金スピード、最高500ドルの初回入金ボーナスに加え、ボーナスの出金制限が他のカジノの1/2なので出金しやすくなっています。

毎週行われるトーナメントで毎週高額賞金ゲットのチャンス!文句なくナンバーワンのカジノです。今なら登録のみで30ドルプレゼント中。

>>ベラジョンカジノ詳細へ<<


カジ旅(スマホ対応・日本語サポート)

アドベンチャー型のカジノです。ゲームをプレイすればするほどボーナスゲットのチャンスが広がります。ステージをクリアして大量のボーナスをゲットしろ!

初回ボーナスの多さも魅力。

最大700フリースピンがもらえ、さらに登録のみで40ドルプレゼント!

リスクなく40ドル分のベットをすることができます。

>>カジ旅公式サイトへ<<


Queenカジノ(スマホ対応・日本語サポート)

qc600500 人気AV女優の上原亜衣さんがキャンペーンガールを務めています。

銀行振込で入出金ができ、しかも手数料無料のQueenカジノ!入出金に関しては最高のカジノと言っていいでしょう。

また初回入金に対して150%ボーナス(最大500ドルまで)2回目入金に50%(最大250ドル)、3回目入金に25%(最大125ドル)、合計800ドルものボーナスをもらうチャンスがあります。今なら登録のみで30$プレゼント中!

>>Queen Casino公式サイトへ<<


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人一押し!カジノ

rank1 ベラジョンカジノ
4億越えの当選者はじめ億越えの賞金が連発!最速の出金スピードに加え、手数料が安い入出金システムを採用。さらに初回、登録ボーナスが充実!非常にバランスのとれたカジノです。
(入出金A、ボーナスA、ゲームA)

rank2 カジ旅
ゲーム形式でステージをクリアして賞金がゲットできるアドベンチャー型カジノ。登録(40$)+初回入金ボーナスが半端ない!ボーナスを使って一気に駆け上がれ!
(入出金B、ボーナスA+、ゲームA)

rank3 Queenカジノ
銀行振込ができる初のオンラインカジノ!手数料も無料なので入出金に関する悩みを一気に解決。さらに豊富なライブカジノとゲーム数。非常に使いやすいカジノです。
(入出金A+、ボーナスB、ゲームA)

哲シリーズ

dora麻雀

ページ上部へ戻る