【ラッキーニッキー】入金不要の40ドルボーナスの貰い方

アニメ風のキャラクターが特徴のラッキーニッキー。なんと当ブログから登録すると入金不要の40ドルボーナスが貰えてしまうのだ!

この40ドルボーナスは当ブログから登録者限定のボーナスなので他から登録すると損してしまうぞ!リスクゼロでお金を稼ぐチャンスだ。ぜひ登録してチャンスをつかんでくれ。

さて、ここではまずラッキーニッキーの入金不要40$ボーナスの貰い方とボーナスの条件を解説した後で、私が実際40ドルボーナスを貰って実践してみた結果を報告するぞ。実践編は動画を張り付けておくのでそこで確認してくれ。

入金不要ボーナスの賭け条件が60倍から30倍に変更になってかなり出金しやすくなった。当ブログから登録で$40貰えるので是非挑戦してみてほしい!

>>40ドル付!ラッキーニッキー登録はこちらから<<

実践動画

(規約変更があったため動画内でボーナスの出金条件60倍、ベット上限$4と解説してあるのは、出金条件30倍、ベット上限$5と読み替えてください)

40ドルボーナスの条件

賭け条件:30倍
最大ベット額:スロット5ドル
最大出金額:100ドル
ゲーム:スロットのみ
有効期限:24時間以内

オンラインカジノのボーナスはそれぞれに特徴がある。その特徴をしっかり押さえておかなければせっかくボーナスで勝利したとしても最悪、没収されるなどの憂き目を見ることになる。ここはしっかり理解しておこう。

賭け条件は60倍

まず賭け条件は40ドルの30倍だ。つまり40$のボーナスを使って1200ドル賭けなければ現金として出金することはできない。結構大変だが、リスクなくボーナスを貰っているのでしょうがない面もある。もちろん勝利金を次のベットに回すことができるので1200ドル必要というわけではない。勝ったり負けたりを繰り返して1200ドルベットを達成すればいい。

最大ベット額は5ドル

ラッキーニッキーのボーナスのベット上限はスロット$5、またはテーブルゲーム$25である。ただし入金不要の$40ボーナスは対象ゲームがスロットのみなので必然的に$5になる。

このベット上限はボーナスを使って一度に賭けられる金額の上限のことだ。つまり一度に5ドルまでしか賭けることができない。これは注意しよう。

ゲームはスロットのみ

入金不要の40ドルボーナスを使ってプレイできるのはスロットのみである。ブラックジャックやバカラといったテーブルゲームでプレイすることは規約違反になるので注意しよう。

最大出金限度額

40ドルを使って、どんなに勝ったとしても出金できるのは100ドルまでだ。この点も重要。

できればジャックポットありのスロットは避けたい。万が一ジャックポットが当たって10000ドルゲットとなっても出金できるのは100ドルだ。こんな状況になったら100ドル出金できても後悔しか残らないだろう。

有効期限24時間以内

入金不要のボーナスを受け取ってからの有効期限は24時間と短いので気を付けてなければならない。出金するには24時間以内に賭け条件をクリアしてボーナスをキャッシュに変えなければいけないということだ。

40ドルボーナスの貰い方

まずラッキーニッキーのサイトへ行って、会員登録してくれ。すべてはここからだ。

会員登録は半角英数字で行う。つまり名前などはローマ字で入力するということだ。

記載項目をすべて入力して最後にプレイ開始で会員登録完了。

紛らわしいところを指摘すると住所だが英語の順にしなくても日本語の順にローマ字と数字に直して大丈夫だ。

電話番号は最初の0をとらなくていい。パスワードは6字から12字の間で。チェック項目は3つとも✔いれてくれ。

登録が完了したら登録したメールアドレスをチェックしてみよう。

メールを開くと「アカウント認証コード」というメールがラッキーニッキーから届いているので、開封しよう。メールが届いていない場合は迷惑メールも確認してくれ。それでもない場合はサポートに連絡してもう一度送ってもらうしかない。

そうすると「認証コード」が届いているので(毎回違うのでご自身に届いた認証コード)をコピーしておこう。そして「今すぐログイン」をクリックしてラッキーニッキーにログインしよう。

左上の≣のマークをクリック。

登録情報をクリック。

設定をクリック

「認証コードを入力してください」の欄にメールで受け取った認証コードを入力して「送信」をクリック。

これで完了です。40ドルの入金ボーナスが入りました。

残高表示が0になっているが、そこをクリックすると詳細が開く。ボーナス欄を見るとボーナス残高が40ドルになっているのを確認してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

哲シリーズ

dora麻雀

ページ上部へ戻る