カジノ法案衆院通過で今後、闇カジノは今後どうなるのか?【コラム】

2016年12月6日にカジノ法案が国会通過しました。

カジノを含む統合型リゾート(Intergrate Resort、略称IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」が6日午後の衆院本会議で、自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。

引用:yahoo!ニュース

カジノ法案はカジノやホテル、国際会議場などが一体となった大規模施設の整備を政府に促す内容。

政府は成立後に1年をかけて、規制基準やギャンブル依存症対策を盛り込む「実施法案」を策定する。実施法案が成立すれば、IR開設を希望する地方自治体から実施計画の提出を受け、選定作業に入る。

実際のカジノの開業は「早くても2020年東京五輪・パラリンピックの後になる」(提出議員)としている。

引用:Yahoo!ニュース

今回の法案はカジノ建設に向けての環境整備に関する法案で、実施法案ではないのですが、今回の法案が成立すれば日本にカジノが誕生することは間違えないでしょう。

日本にカジノができるとなると一般的にいうところの「闇カジノはどうなるのでしょうか?」という質問を受けました。

この件に関しては、今まで通り変わりなし!というのが私の意見です。

というのも日本にカジノができたとしても、おそらく国民の利用に対しては何らかの制限が加わると思われるからです。

韓国ではもともと自国民にもカジノを解放していましたが、1969年以降、「江原ランドカジノ」を除く全てのカジノが外国人専用になっています。

韓国では1969年以降、全てのカジノが外国人専用とされていましたが、韓国北東部にある江原道の廃鉱地域の経済活性化を目的とした特別法が制定され、同法に基づき例外的に韓国国民の入場可能なカジノが許可されたことから、「江原ランドカジノ」が国内唯一の韓国人向け施設として2000年10月に営業を開始することとなりました。

引用:弁護士法人ブリッチルーツ

またシンガポールのカジノでも国民は入場料として100シンガポールドルを徴収されます。

シンガポールのカジノでは、国民のカジノ依存症対策が厳しく、国民の 1 回の入場に付き100シンガポールドルの入場料徴収、1 回あたりの滞在時間は24時間以内など、ハードルが高くなっています。

引用:マレーシア国民に大人気の巨大カジノリゾート

シンガポールドル100$というと日本円で8000円程度で大したことなさそうですが、シンガポール国民の所得感覚を鑑みると、もっと多く感じるはずです。

日本でも野党のみならず与党内にも慎重論がくすぶっているので、国民に完全開放してカジノ運営となるのは難しそうです。落としどころとして、「日本国民の入場を禁止」で合意をとって法案を通すというのが現実的だと思います。

また一般的にカジノは治安面から都市部から離れて建設されるケースが多いのです。アメリカでは砂漠のラスベガス、中国では離島のマカオという具合に都市部からは非常にアクセスが悪いというのが一般的です。

日本の場合、横浜につくるだの、大阪につくるだの言っていますが、現実問題厳しいでしょう。早い話、「自分の近所にカジノできたらイヤでしょ?」ということです。日本でできたとしても、非常にアクセスが悪いところになると予想できます。

実際問題、カジノ利権の政治家がゴリ押して東京・大阪になるという可能性もあるとは思いますが、そうなったら日本終わりですね(笑)

上記2点を考えると国内のカジノ愛好者は「結局!使えねーじゃん」となって、より欲求不満度が高まるかなと。そうなると国内の違法カジノは今まで以上に繁盛する可能性もありますよね。

あとは取り締まりがどの程度強化されるのかとの兼ね合いでしょう。「正規のカジノができたのだから、違法カジノはより叩き潰さなければ!」となるのかどうか。

まあ私はどっちにしろ違法カジノには立ち入れませんが(笑)わけわからん裏社会の人間が運営しているカジノで遊ぶメリットなんてどこにもないですからね。

結局、カジノが日本にできたとして、「日本に住むカジノ愛好家は大挙して日本カジノに訪れる」とはならないと個人的に思います。今後も日本人にとっては日本にカジノができたとしても、「韓国へいってカジノ」、「マカオにいってカジノ」が一番スタンダードのままでしょう。

また国民の入場制限じゃなくて入場料数万で落ち着くにしても、数万入場料とられるなら、海外旅行かねて韓国いったほうがいいですから(笑)


管理人が選ぶ一押しカジノはこれだ!

ベラジョンカジノ(スマホ対応・日本語サポート)
4億越えのジャックポットを引き当てたプレーヤーが業界を沸かせました。業界随一の出金スピード、最高500ドルの初回入金ボーナスに加え、ボーナスの出金制限が他のカジノの1/2なので出金しやすくなっています。文句なくナンバーワンのカジノです。今なら登録のみで30ドルプレゼント中

>>ベラジョンカジノ詳細へ<<


カジ旅(スマホ対応・日本語サポート)
スロットが種類・数・充実度では業界ナンバーワン!特にNETENTの人気ゲームはカジ旅独占ブリッツモードでストレスなくプレイ可能。ボーナスも充実で出金制限が19倍と業界一なのに加え、初回入金ボーナスで700回を超えるフリースピン今なら登録のみで入金不要の40ドルボーナスをプレゼント!

>>カジ旅公式サイトへ<<


Queenカジノ(スマホ対応・日本語サポート)
クイーンカジノ 人気AV女優の上原亜衣さんがキャンペーンガールを務めています。銀行振込で入出金ができ、しかも手数料無料のQueenカジノ!入出金に関しては最高のカジノと言っていいでしょう。また初回入金に対して合計1500ドルものボーナスをもらうチャンスがあります。今なら登録のみで30$プレゼント!

>>Queen Casino公式サイトへ<<

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人一押し!カジノ

rank1 ベラジョンカジノ
4億越えの当選者はじめ億越えの賞金が連発!最速の出金スピードに加え、手数料が安い入出金システムを採用。さらに初回、登録ボーナスが充実!非常にバランスのとれたカジノです。(バランス型)

rank2 カジ旅
カジ旅独占のブリッツモードが注目。6倍速のスロットでストレスなし!スロット好きならカジ旅が一押し。出金スピードも速さも魅力。初回入金ボーナスで700回のスピンをくれるのも魅力。(スロットが魅力)

rank3 Queenカジノ
銀行振込ができる初のオンラインカジノ!手数料も無料なので入出金に関する悩みを一気に解決。初回ボーナスをはじめ、不定期に開催される夜カジ昼カジは全カジノと比べてもナンバーワンのボーナス!(ボーナスが魅力)

哲シリーズ

dora麻雀

ページ上部へ戻る