スプリットの基本戦略|ブラックジャックのルール

クローバー ブラックジャックのルール
| ルール | 基本戦略総論 | ハードハンド  | ソフトハンド | スプリット (当ページ) | ダブルダウン

スプリットとは最初に配られた2枚のカードが同じ数字のとき、手を二つに分割することができるオプションです。

チップを最初のベットの横に置き、合図を出します。このとき自分でカードを分けてはいけません。ディーラーがカードを分けるまで待つ必要があります。

スプリットの基本戦略 動画解説

スプリットの基本戦略マップ

スプリット
UPカード 2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
A-A SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
10-10 S S S S S S S S S S
9-9 SP SP SP SP SP S SP SP S S
8-8 SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
7-7 SP SP SP SP SP SP H H H H
6-6 H SP SP SP SP H H H H H
5-5  D D D D D D D D H H
4-4 H H H H H H H H H H
3-3 SP SP SP SP SP SP H H H H
2-2  SP SP SP SP SP SP H H H H

H=ヒット S=ステイ SP=スプリット D=ダブルダウン

スプリット基本戦略の覚え方

必ずスプリットするもの、しないもの、その他でグループ分けして覚えると早いです。

自身のハンド ディーラーのアップカードが
以下の時スプリット
例外
Aのペア・8のペア すべて数
5のペア・4のペア
2のペア・3のペア 2・3・4・5・6・7
9のペア 9以下 7
7のペア 7以下
6のペア 6以下 2

最初に必ずスプリットするものを覚える(Aのペアと8のペア)

次に必ずスプリットしないものを覚える(5のペアと4のペア)

2と3はアップカードが4から7の時、スプリット。

その他9、7、6はアップカードが当該ペアの数以下の時にスプリット。ただしペア9の時はアップカード7、ペア6の時はアップカード2が例外でスプリットしない。

ディーラーのアップカードとバスト率

スプリット戦略を理解するにはディーラーのアップカードとそのバスト率の関係を知っておくと理解が早いです。大きく2つに分けると6以下と7以上でバスト率が格段に違うのを気づくと思います。特に4・5・6のバスト率の高さは注目に値すると思います。

UPカード 2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
バスト率  30% 38% 40% 43% 44% 26% 25% 24% 23% 17%

スプリットの基本戦略解説

基本的な考え方はアップカードの強弱とスプリットカードの強弱を比べて有利か判断しています。また基本戦略のすべて共通の「ダウンカードやヒット後のカードは10と仮定する」とする考え方もスプリットの戦略に取り入れられています。

apea

Aのペアは必ずスプリットです。これは当然、Aという最強のカードを生かすためです。ただAをスプリットすると無条件で3枚でステイになり、再度ヒットはできません。

8pea

8のペアも必ずスプリットしますが、これは8のペアの合計は16という中途半端な数であり、これを回避するために2つに分けます。

16はディーラーがバストする以外に勝てませんし、追加でヒットするにしてもバスト率が61.54%と高いため最悪の数字とされています。

5pea  4pea

5、4のペアをスプリットしないのは、一つに次の一枚をヒットしてハイカードになる確率が高いからです。5のペアの場合、次のカードが10ならば20になりますし、4のペアの場合でも10が来れば18とまあまあの数になるからです。

またこれらのペアをスプリットすると中途半端な数字になりやすいからです。5や4に10がくっつくと15、14となり中途半端な数になりますのでスプリットするメリットがありません。

2pea  3pea

2と3のペアはディーラのアップカードが4~7の時に行います。それぞれ合計が4、6とそのままだと中途半端な手になりがちなところをスプリットで回避します。

また2、3のハンドは4、6のハンドよりも若干強くなります。

とはいえ2、3のハンドは強いハンドとまではいかないので、ディーラーのアップカードが弱い時に限って行います。そこで4~7の時スプリットが選択されるというわけです。

9pea

9のペアは7を除く9以下の数でスプリットすることになります。9のハンドはかなり強い部類に入りますのでなるべくスプリットしたいところです。基本的に9より強いハンドがディーラーに入ってる場合を除きスプリットすることになります。

つまりディーラーのアップカードがAか10の場合を除いてスプリットするということです。また例外的にディーラーのアップカードが7の場合も除外します。理由は以下を参考にしてください。

クローバー 参考1 ディーラーのアップカード7のとき
9のペアをスプリットしなければディーラのダウンカードが10の時(合計17)、18で勝つことができます。あえてリスクをとってスプリットをすることもないというところです。

クローバー 参考2 ディーラーのアップカード8・9のとき
8と9もバスト率については7と同様低いのですが、ダウンカードを10と仮定すると18(引き分け)、19(負け)になりあまり有利な勝負といえません。しかしスプリットして次のカードが10ならば19となり二つに8、9とも勝利することができます。

つまり7の場合、そのままでも勝てる可能性が高いのであえてスプリットはしない。8、9の場合、そのままだと負ける可能性が高いのでスプリットするイメージです。

7pea

7のペアはそのままだと合計14と中途半端な手です。そこでスプリットすることで14を回避します。ただもう一つディーラーのダウンカードを10、スプリット後のカードを10と仮定したときに負けてしまう8以上のアップカードに対してはスプリットしません。

6pea

6のペアのスプリットも7のペアのスプリットと考え方は同じです。ただ6のペアはディーラーよりもハイカードを作って勝利するというより、ディーラーがバストしやすい数字でスプリットすることでディーラーのバストで勝とうという考え方が強いです。

だから若干バスト率が下がる2のペアの場合スプリットしません。
クローバー ブラックジャック
ブラックジャック目次 | ルール概要と流れ | 基本戦略総論 | ハードハンド | ソフトハンド | スプリット | ダブルダウン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人一押し!カジノ

rank2 Queenカジノ
銀行振込ができる初のオンラインカジノ!手数料も無料なので入出金に関する悩みを一気に解決。さらに豊富なライブカジノとゲーム数。今一番熱いカジノ!
(入出金A+、ボーナスB、ゲームA)

rank1 ベラジョンカジノ
最速の出金スピードに加え、手数料が安い入出金システムを採用。さらに初回、登録ボーナスが充実!非常にバランスのとれたカジノです。
(入出金A、ボーナスA、ゲームA)

rank3 カジ旅
登録(40$)+初回入金ボーナスが半端ない!ボーナスを使って一気に駆け上がれ!
(入出金B、ボーナスA+、ゲームA)

登録ボーナスで選ぶ!

rank1 カジ旅(40$)
当サイトから登録者限定のキャンペーン!
登録のみで40$はすごい!

rank2 Queenカジノ(30$)
登録しただけで30$ゲット。

rank2 ベラジョンカジノ(30$)
登録しただけで30$ゲット!

カジノに登録後、運営に連絡しただけでボーナスがもらえるカジノ。リスクは全くないのでとりあえず登録してボーナスをもらっておくべき!

入出金方法で選ぶ!

rank1  Queenカジノ

手数料無料で銀行振込で入出金ができる初のオンラインカジノ!さらにクレカ、ecoPayz、iwallet、VenusPointも完備。入出金でナンバーワンといっていいでしょう。

rank2 ベラジョンカジノ
出金スピード最速!VenusPointによる出金は手数料最安!入金もクレカ、インスタントバンキングと充実!ecoPayz、iwalletも。
rank3 カジノ倶楽部ジャパン
VenusPointによる出金は手数料最安!入金もクレカでできる!ecoPayzもOK。

※NETELLERが使えなくなって以来、手数料の安い入出金方法の確保は超重要!多くのカジノで使えるecoPayzやiwalletよりも有利な決済システムを採用しているカジノを集めたぞ!

哲シリーズ

dora麻雀

ページ上部へ戻る